地球とライフスタイルの関係性

地球上の豊かな自然環境を守っているのは、私たち人間も含めた生物たちです。人間が人工的に地球環境を管理し、居心地の良い思い通りの地球環境を管理している訳ではありません。地球環境のバランスを保つためには、人間の存在も必要不可欠でありますし、普段は害虫などと呼ばれるゴキブリ、蚊、ハエ、ダニ、ノミなどすべての生き物が複雑に関わり合いをもちながら絶妙なバランスを保っているのです。私たち人間は、道具を作り、火を操り、化石燃料などの地球資源を大きなエネルギーに変換し、歴史とともにその文明を開化させてきました。近年、世界的に大きな発展をみせる産業が地球環境の複雑かつ絶妙なバランスにさらに大きな影響を与えはじめているようなのです。温暖化、酸性雨、土壌汚染、海洋汚染、大気汚染などと、各メディアでもこれらのワードを耳にする機会が増えはじめているのではないでしょうか。地球の生態系のバランスの崩壊は、私たち人間の暮らしにも大きな影響を与えることは明らかであり、日本国内においても気温や気候の変化によって、災害が起こったり、野菜などの農作物の収穫高にも影響が出はじめているようです。地球環境のバランスの崩壊を食い止めるには、まずその大きな原因の1つとなっている私たち人間の生活スタイルを見直さなくてはならないでしょう。皆さんの日常生活の風景の中に、たくさんの動植物は存在しておりますか。本来、地球上には多種多様な生物に満ち溢れているものなのです。それぞれの生命が、お互いにその種を絶やさないように影響をし合いながら豊かで厳しい自然環境のなかに生き抜いているのです。近年の地球環境のバランスの崩壊は、きっと皆さんのライフスタイルのなかにあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です