ビタミンの潜在的欠乏とサプリ

ビタミンというのはタンパク質、脂質、糖質の3大栄養素のエネルギー代謝や体組織をつくるための新陳代謝に必要な酵素の働きを助ける補酵素として欠かせない存在だそうです。

またさまざまな生理機能の維持にも関わっているそうです。ビタミンは微量栄養素といわれているそうです。㎎やμgレベルの微量で働くそうです。ほとんどが体内で合成ということができないので、野菜や肉などの食材から摂ることになるそうです。

ビタミンB1が不足すると脚気、ナイアシンが不足するとペラグラ、ビタミンCが不足すると壊血病、ビタミンDが不足するとくる病、ビタミンB12が不足すると悪性貧血といった命にかかわる重大な病気になってしまうそうです。

かつては、ビタミンの存在や必要性がわからないということで、欠乏症などで多くの命が奪われたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です