オルニチンの重要性

オルニチンというのは、タンパク質を構成しない遊離アミノ酸だそうです。単独のアミノ酸分子のまま、血液中を巡っているそうです。腸で吸収されて、肝臓や腎臓、筋肉などでさまざまな働きをしてくれるそうです。特に肝臓での尿素生成を行う尿素サイクルにおいてアンモニアと結合する中間体としてとても重要だそうです。尿素サイクルでアンモニアは無毒な尿素に変換されるそうです。尿素を産生したら、オルニチンは肝臓で再生されるそうです。オルニチンというのは肝臓機能を保つ重要な成分だそうです。肝臓は、アルコールの解毒機能があるそうです。よく二日酔いにはシジミ汁という話を聞きますが、これはシジミのオルニチンが肝臓によく効くからだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。