バナジウムの毒性に注意

注意すべき点は鋼材に添加される五酸化バナジウムには毒性があるとされている事でしょう。ミネラルウオーターに含まれる程度の摂取量、1日あたり1.8㎎以下であれば一般的に安全と考えられています。しかし多量に摂取すると、腹部の不快、下痢、悪心、腸内ガスといった副作用を伴う事が多くあります。また、舌が緑色に変化すると、エネルギーが低下する、神経系に問題があるといった副作用も懸念されます。過剰摂取、または長期にわたる使用では腎臓の障害といった深刻な副作用の危険性が高まるので注意が必要です。血糖値を下げる可能性がありますので、糖尿病域にある方は定期的に血糖値測定を行って低血糖の徴候に注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。