アスタキサンチンについて

アスタキサンチンというのは、カロテノイドの仲間だそうです。カロテノイドにはすぐれた抗酸化作用があるといわれているそうです。その中でも、アスタキサンチンは、強い抗酸化作用があるそうです。

サケやいくら、鯛、エビ、カニなどに含まれているそうです。サケというのはもともと白身さかなだそうです。アスタキサンチンを筋肉中に溜め込んでいるために薄いピンク色になっているそうです。

エビの場合は、70度以上に加熱するとタンパク質が変性して遊離するために、赤色になるそうです。調理をしていも赤い色をしているのがアスタキサンチンの特徴だそうです。

アスタキサンチンというのは脂肪に溶ける性質を持っているそうです。特に血液中のLDLコレステロールの酸化を抑えるという作用が強いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。