ブルーベリーはお薬?

ブルーベリーは、夏に実をつける北米原産の定木ですので、お庭などのスペースで、その春咲きの小さな花や、夏季の甘酸っぱい実を楽しまれている人々もいるのではないでしょうか?日本での栽培が始められたのは、1980年頃からと言われていますので、ごく最近、その存在が身近な草木となったと言えるのかもしれません。

ブルーベリーの加工食品は、ジャム、スィーツ、ジュース、ワインなど、数多くみられ、生食としても多くの人々に好まれ、夏のシーズンには、地方の果樹園では、様々なフルーツとともにブルーベリー狩りの食べ放題が企画されたり、道の駅などの果物コーナーの陳列には、その姿が多くみられたりもします。

古くから、ブルーベリーを身近な食材としていた欧米では、疲れ目などの目の疾患に対して、効果がある事が医学的に認められていたそうです。最近では、日本でも多くのサプリメントとして、関連商品がみられますが、欧米などでは、医薬品として目の疾患の治療などにも幅広く使用されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。